トップ > 坐骨神経痛予防 > 坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ


坐骨神経痛の予防対策には腰の周りの筋肉の柔軟性を保つことも非常に坐骨神経痛予防には効果があります。


坐骨神経痛の症状が出たのは、運動不足や長時間の事務仕事などによる腰の負担だと思われる人などは、ストレッチなどによる筋肉の伸縮運動によって柔軟性を維持する方法が効果的です。

長時間同じ姿勢をとることによって筋肉が疲労し腰が動かなくなったり、痛くなったりするのはよくあることです。

そこでストレッチをすることによって腰周りの筋肉や足の筋肉をゆっくり伸ばして、萎縮して硬くなってしまった筋肉をほぐしてあげる事で坐骨神経痛の治療とはいいませんが予防にはなるでしょう。

簡単な坐骨神経痛予防のストレッチとしては、座った状態での前屈です。
ゆっくりと前に手を伸ばしながら、足の筋肉 太ももの裏やお尻の筋肉、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。
あまり急激にするのではなく、無理をせずに気づいたときに少しずつやってみましょう。

あくまでも軽いストレッチですので万全な対策ではありませんが、坐骨神経痛が発症する前に予防方法として軽い運動やストレッチを日頃から行なうようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛予防」です。
関連記事

坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ 坐骨神経痛の予防対策には腰の周りの筋肉の柔軟性を保つこと...

坐骨神経痛の予防対策

坐骨神経痛の予防 坐骨神経痛の予防対策は、坐骨神経痛になったその原因にもよります...