トップ > 坐骨神経痛の症状 > 梨状筋症候群とは

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状

梨状筋症候群

坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状筋の

下を通過します。

2割くらいの人が稀に神経の一部が梨状筋の間を通って

ここで、坐骨神経が絞扼(筋肉や腱に挟まれること)されると、

お尻や足に痛みや痺れがはしります。

若年層に多くみられますが、特にランニングのように股関節の

屈伸を繰り返すスポーツでは、坐骨神経を摩擦し、絞扼する為

神経炎を生じる原因となったりします。


梨状筋症候群の治療法はこちらへ 

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛の症状」です。
関連記事

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状 梨状筋症候群 坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状...

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛 医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。 そこ...

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状 変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で おこる事が多...

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症 背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。 その通り道である...

脊椎分離症、すべり症とは

脊椎分離症、すべり症 脊椎分離症では、腰椎が前(椎体)と後(椎弓)の間で、 分離...