トップ > 坐骨神経痛予防 > 坐骨神経痛の予防対策

坐骨神経痛の予防対策

坐骨神経痛の予防


坐骨神経痛の予防対策は、坐骨神経痛になったその原因にもよりますが、おおよそ腰に負担をかけないことがもっとも重要です。


では腰に負担をかけない事とはどのようなことを言うのでしょうか。

以下のことに気をつけましょう。

腰の負担の軽減

◆パソコンなどの事務仕事や、長時間運転する仕事の場合など、同じ姿勢を取り続け無いようにこまめに姿勢を変えるなどして、心がける。

◆中腰の姿勢は負担が大きいので、荷物の運搬や朝の洗顔、掃除機をかけるときなどは要注意。膝をうまく使って、中腰の姿勢を避けます。

◆おやすみの時のベットはなるべく少し固めのベッドを選びましょう。腰が沈み込むほど柔らかいベッドは負担が大きいです。

◆毎日の通勤やお買い物など高いヒールや、硬い靴底の靴は、腰に負担をかけます。

◆体重増加はその重さが全て腰にかかるので要注意です。

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛予防」です。
関連記事

坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ 坐骨神経痛の予防対策には腰の周りの筋肉の柔軟性を保つこと...

坐骨神経痛の予防対策

坐骨神経痛の予防 坐骨神経痛の予防対策は、坐骨神経痛になったその原因にもよります...