トップ > 坐骨神経痛の症状 > 骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛


医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。

そこで目立つようになってきた病気が骨が脆くなっていく骨粗鬆症です。

骨が脆くなるのは年をとるのでしょうがないと諦めていましたが、最近になってその病態の研究が進んだ結果、治療法にも進歩が見られるようになり、骨量の増加も期待できるようになってきました。

では骨粗鬆症の原因とはどんなものでしょうか。

加齢やその他の原因により骨密度の低下や、骨のカルシウムが減少してしまい、骨が脆くなったりするためで、退行期骨粗鬆症が圧倒的に数が多く、大きな社会問題となっています。

また女性にとっては閉経後の骨粗鬆症は避けられない現象で、女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌低下により生じ、閉経後数年から10年ほどの間に骨量減少が亢進します。

老人性骨粗鬆症は、閉経後の急激な骨量減少が落ち着いた後の女性や高齢の男性にも起こる緩やかな骨量減少による骨粗鬆症です。

骨粗鬆症による症状としては腰痛や腰が曲がってきたなどありますが、もっとも危険なことは骨折を起こしやすくなる事です。

骨折がおこる部位としては、腰椎、大腿骨頚部などが多いですので要注意です。    

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛の症状」です。
関連記事

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状 梨状筋症候群 坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状...

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛 医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。 そこ...

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状 変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で おこる事が多...

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症 背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。 その通り道である...

脊椎分離症、すべり症とは

脊椎分離症、すべり症 脊椎分離症では、腰椎が前(椎体)と後(椎弓)の間で、 分離...