トップ > 坐骨神経痛の症状 > 変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状


変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で
おこる事が多いので、中年以降の男女に良くある、肥満
、重労働などが原因でよく発症します。


われわれ高齢になると加齢とともに、脊椎や椎間板が変
化し、椎間板の変形などによって、脊髄が圧迫され、血行
、循環障害により坐骨神経痛を引き起こします。

広い意味では脊柱管狭窄症も含み、閉経以後の女性の場
合、多くは骨粗鬆症を合併することが多く、男性の高齢者の
場合などは下肢の痺れを伴うことが多いために、腰部脊柱管
狭窄症と病名が変わる場合があります。

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛の症状」です。
関連記事

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状 梨状筋症候群 坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状...

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛 医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。 そこ...

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状 変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で おこる事が多...

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症 背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。 その通り道である...

脊椎分離症、すべり症とは

脊椎分離症、すべり症 脊椎分離症では、腰椎が前(椎体)と後(椎弓)の間で、 分離...