トップ > 坐骨神経痛の症状 > 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症

背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。

その通り道である脊柱管が、骨、靭帯などの変性に

よって狭くなってしまい、神経を圧迫する症状の事を

、脊柱管狭窄症といいます。


この脊柱管狭窄症が、腰部で発症すると、坐骨神経痛を

引き起してしまい痛みや痺れを引き起こします。


この脊柱管狭窄症の特徴は、長時間歩くと、足がだるく

なったり、痛くて歩くのが辛くなるのですが、前かがみ

の姿勢などでしばらく休すむと、痛みやシビレが引いて

また歩けるようになる症状で、間歇性跛行(かんけつせ

いはこう)といいます。


椎間板ヘルニアの場合は前かがみになると痛みのに対し、

脊柱管狭窄症の場合は、後に反ると痛みが増します。

脊柱管狭窄症の原因である骨、靭帯などの変性は加齢に

よるものがほとんどで、高齢者に脊柱管狭窄症が多いの

はこの為です。

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛の症状」です。
関連記事

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状 梨状筋症候群 坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状...

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛 医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。 そこ...

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状 変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で おこる事が多...

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症 背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。 その通り道である...

脊椎分離症、すべり症とは

脊椎分離症、すべり症 脊椎分離症では、腰椎が前(椎体)と後(椎弓)の間で、 分離...