トップ > 坐骨神経痛の症状 > 坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とはどんな症状


ある程度、高齢の方がよく言う『坐骨神経痛』とはどんな病気か

と言うと、本来はその病名ではなくその症状のことを『坐骨神経

痛』と言います。


ではその症状とはどのようなものを言うのかと申し上げますと、

まず坐骨神経というのは腰椎から出て、お尻、太ももの後ろ、膝

、ふくらはぎ、を通って足の先まで云っている末梢神経のなかで

最も太く長い神経の事ですが、その神経が腰椎の隙間から出て

骨盤をとおり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかの部分で

、圧迫や絞扼などの障害があり、腰や臀部(お尻)から下肢にか

けて痛みや痺れが出ます。

ひどい人になると、膝下や足の裏、つま先まで痛くなる人もいて一

般的には、高齢者に多い病気で、一種の老化現象ともいえるので

はないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「坐骨神経痛の症状」です。
関連記事

梨状筋症候群とは

坐骨神経痛の症状 梨状筋症候群 坐骨神経は骨盤を出た後、後方臀部に出るときに梨状...

骨粗鬆症による腰痛

骨粗鬆症による腰痛 医療が発達した昨今、高齢者の方の人口が増加しています。 そこ...

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状 変形性脊椎症とは脊椎の老化現象で主に加齢変化で おこる事が多...

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症 背骨は人間にとって非常に重要な神経の通り道です。 その通り道である...

脊椎分離症、すべり症とは

脊椎分離症、すべり症 脊椎分離症では、腰椎が前(椎体)と後(椎弓)の間で、 分離...